相続01

相続を取り扱っている専門家は、税理士以外にも弁護士や司法書士もいらっしゃいます。相続の問題を抱えているのなら、わざわざ税理士に頼む必要はありません。
でも、税理士だからこそできる仕事があるのも事実です。そこで相続の手続きを税理士に頼むメリットについて、取り上げます。

税理士に相続の手続きを任せる最大のメリットは、相続税に関わること全てです。相続税は特例や分割方法を工夫すれば、節税に繋がります。1円10円レベルではなく、場合によっては数千万円単位の節税も可能です。弁護士や司法書士ではなしえない。大技です。
数千万円単位の節税を実現するには、特例が大きな鍵を握ります。しかし特例の中には手続きが非常に難しく、素人では太刀打ちできないこともあります。手続きが難しいからと放置しては、本来支払う必要がないお金を払う羽目になってしまうのがオチです。

また遺言書を作成する際にも、税理士は大活躍です。相続税対策は、遺言書作成時から既に始まっていると言っても良いでしょう。遺言書の書き方によっては、大きな節税に繋がる可能性もあります。
さらに税務調査にかかる負担が軽減できるのも、税理士に頼むメリットです。相続税申告の税務調査を受ける割合は、20%前後と言われています。「たかが20%程度」とおもわれるかもしれませんが、かなりの確率です。もし申告漏れが発覚した場合、追徴課税が課せられる恐れがあり、かかる負担はかなりのものになります。でも税理士であれば、税務調査対象にならないように配慮してくれます。また万が一税務調査が入ったとしても、税務署との交渉に応じてくれるので安心です。

ただし税理士に相続の手続きを頼む際、親族同士のトラブルには介入できないので要注意です。あくまでも中立的な立場から相続税を管理するので、時には納得ができない結果になる場合もあります。
さらに税理士には、不動産登記や相続人同士の抗争を解決する権限はありません。税理士は、「税理士でしか許されない範囲の仕事」でしかできないのです。

税理士だけでなく、弁護士や司法書士も「許された仕事の範囲」でしか関われないのです。だから相続の際には、弁護士・司法書士・税理士とそれぞれ別に頼むことになるのも珍しくはありません。
もし複数の専門家に頼らざるを得なくなったら、横の繋がりのある税理士事務所に頼んでみましょう。税理士事務所の中には、弁護士や司法書士とつながっている所もあります。総合的に見てもらえるので、かかる負担はかなり軽いです。

相続

「相続に困ったことがあれば税理士まで」は、言われなくてもわかっているという方もいらっしゃるでしょう。
しかし具体的に何をどう相談すれば良いのかは、意外と知られていません。

相続は家族に関わることなので、考えるだけでも骨が折れます。
そこで税理士に上手く相談する方法について、取り上げます。

まずは、相続税がかかるかどうかを確認してみましょう。
相続税は相続が発生した人全員にかかる訳ではなく、基礎控除額以上の相続がある場合にのみに発生します。
つまり言い換えれば、相続税が発生しなければ税理士に頼ることはありません。
基礎控除額は「3,000万円+600万円×法定相続人数」で割り出せます。
相続財産が3,600万円より以下であれば、相続税は1円もかからないのです。

しかし「うちの相続財産は3,600万円もないから大丈夫」と、安心するのはまだ早いです。
相続財産は預金だけでなく、不動産や自動車も含まれます。
相続財産に不動産が含まれていた場合、3,600万円は軽く超えるでしょう。
基礎控除額だけを算出して相続税がかかるかどうかを判断するのは、非常に危険な行為です。
相続税がかからないからと手続きを放置してしまうと、税務署から「相続税を早く支払え」と催促されるのがオチです。

基礎控除額にきっちりと収まっているかどうかは、税理士に相談して判断を仰ぐしかありません。
中には無料相談を受け付けている所もあるので、訪れてみる価値はあります。

無料相談に臨む際には、何について相談するかを事前に考えておいて下さい。
また固定資産税の課税明細書・預金通帳・証券会社の取引報告書などの書類も、準備しておきましょう。
事務所にもよるので一概には言えませんが、無料相談できる時間は30分と限られています。
30分の間に相談できることはほんの僅かなので、迷っている暇はありません。

また無料相談は1件だけでなく、できるなら複数受けることをおすすめします。
相続の問題は白黒はっきりしておらず、グレーな部分は多いです。
ある事柄に対して「白」と答える専門家もおれば、「黒」と答える専門家もいます。
だから税理士1人の答えだけを信じるのは、あまりおすすめできません。

税理士によっては土地に強い税理士・金融関係に強い税理士・トラブルに強い税理士もいます。
複数の税理士から意見を聞けば、自ずと答えも導かれるでしょう。
相続の問題を上手く解決するには、上手く相談するのが1番の近道です。

これから税理士へ相続の相談を行う際にははじめての方がほとんどでしょう。
そのためどのようにすすめていけば良いのか、税理士にどのように伝えればよいのか迷ってしまうことがあります。
このような問題を解決するには他の方の体験談を参考にするのがおすすめです。
続きを読む

相続税の納付を行う際に注意しておきたいポイントのひとつが相続税は税務調査が行われる可能性が高いということです。
相続税は税額が高いだけではなく申告漏れなども非常に多いからです。
中には悪質な資産隠しが行われていることもあるため税務署が目を光らせていると考えてもおかしくはないでしょう。
続きを読む

税理士の中にも得意な分野とそうではない分野というものが存在しています。
税理士は税務に関するスペシャリストですが、相続全般に対して深い知識を有しているという方はあまり多くないかもしれません。
一般的に税理士が相続に関する手続きの中で行える部分は相続税に関するものです。
相続に関する申告、それに伴う税金を控除などを元に計算し申告書を作成します。
申告書に基づいて納税を行う部分までが税理士に扱える部分となります。
続きを読む

相続における相談をする際には個々のケースに合わせた専門家の対応力が求められます。
しかし専門家に任せきりにしていてはご自身で解決案の優位性を精査できないという面があります。
ご自身のケースのみならず、他人の相続時のトラブル解決方法を学ぶことはとても参考になるのです。
その中でも税理士相談解決事例を知ることはとても有意義になることで知られています。
これから税理士へ相談しようと考えている方はぜひチェックしてみましょう。
続きを読む

これから相続税の申告を税理士へ依頼する際にはデメリットになる部分についても知っておく必要があるでしょう。
なにごとにもメリットとデメリットが存在します。
それを享受できるかどうかで適切に判断していくことが肝心なのです。
続きを読む

これから財産を相続することにおいて税理士に相談するメリットとはどのようなものなのでしょうか。
これから依頼しようと考えている方はもちろん、相談や依頼を迷っている方こそぜひチェックしておきたいですね。
続きを読む

相続を相談する際に税理士か司法書士か悩まれている方も多いのではないでしょうか。
個人の相続ケースにもよりますが、実際には相続する専門家は依頼する内容によって異なります。
Aさんからは司法書士を紹介されたけれども、Bさんからは税理士を紹介されたということがあればその方たちの相続は専門家に依頼したい部分が異なっていたということになるのです。
また複数の専門家へ依頼するということも可能ではありますが費用が大きくなってしまいます。
これから相続における専門家を選ぶ際、税理士か司法書士かをどのように選ぶのかをチェックしてみましょう。
続きを読む

税理士へこれから相続の相談をする際に重要なことは相続に関する手続きに詳しいかどうかというポイントです。
税理士の中でもいくつか専門があり、重点的に依頼がある、通年で取り組んでいることに関してはスムーズかつ的確な対応を期待できます。
そのため相続に強い税理士を見つける必要があるでしょう。
続きを読む