相続は税理士か司法書士か?

相続を相談する際に税理士か司法書士か悩まれている方も多いのではないでしょうか。
個人の相続ケースにもよりますが、実際には相続する専門家は依頼する内容によって異なります。
Aさんからは司法書士を紹介されたけれども、Bさんからは税理士を紹介されたということがあればその方たちの相続は専門家に依頼したい部分が異なっていたということになるのです。
また複数の専門家へ依頼するということも可能ではありますが費用が大きくなってしまいます。
これから相続における専門家を選ぶ際、税理士か司法書士かをどのように選ぶのかをチェックしてみましょう。

相続の際に不動産や土地が含まれている場合、それらの相続手続きを行えるのが司法書士です。
土地や不動産を相続する際には被相続人から相続人へ名義を変更します。
この手続きを相続登記と呼びます。
この相続登記を専門的に行っているのが司法書士であり、どのように手続きをすすめたら良いのかわからない時には司法書士に依頼するのが良いでしょう。
相続する土地や不動産に関して基礎控除額を超えて相続税は発生する場合、税金のことに関しては司法書士は専門的に扱うことが出来ない点については踏まえておく必要があります。

相続の際に相続税が発生する場合、税金の取りまとめや申告書の作成などを行っているのが税理士です。
税金のスペシャリストとして、相続に関して発生する税金を適切にまとめ、申告を行う手はずを整えてくれます。
特に税法は細かな変更が多いだけではなく、土地などの評価額の計算が難しいことも多いです。
小規模宅地等の特例など税制の面で有利になることなども知識として持っているため、少しでも税金を抑えたいという方は相談すべきでしょう。
ただし税理士の中でも相続に関しての専門とそうではない方もいます。
相談する際には相続を専門としている方に依頼することは念頭においておきましょう。

相続財産に土地や不動産が含まれており、なおかつ相続税が発生する額の場合、司法書士と税理士どちらにも相談するのが一般的です。
しかしおまとめで相談できるサービスなどもあるため柔軟に活用してみるのが良いでしょう。