企業向け税理士に相続の依頼はできる?

相続

・税理士の専門に注意
相続税の対策がしたかったり、実際に相続が起きて相続税への対応が必要になったりしたとき、専門家となるのは税理士です。
このときにいい相手に心当たりがない場合もあるでしょう。
そんなときに企業の経営者など、普段から決算の代行を依頼している税理士が思い浮かぶかもしれません。
付き合いが長い場合など気心が知れている場合もあるでしょうから、個人的にその税理士まで相続の依頼がしたいときもあるでしょう。

このような依頼はできるのかというと、できる場合もありますが、必ずできるわけではありません。
よく知っておきたいのが税理士の専門についてです。
企業の顧問や決算代理などを主な専門としている税理士の場合、相続分野の依頼にはあまり対応していないケースもよくあります。
そしてそのようにあまり対応していないだけに、その税理士の方で相続税などの代行をやった経験もあまり多くないため、あまり積極的にはこれら依頼を受けていないケースも多いのです。

相続関係の依頼がやりやすいのは、やはり相続を専門としている税理士です。
税理士にはこのように専門分野があるのです。
企業の決算代行などをやっている税理士は、まさにそれが専門だからそれら依頼を受けている場合も多いのですね。
税理士にはこのように専門がそれぞれであり、企業の顧問や決算代行などをやっている税理士は相続分野を専門とはしていないケースも比較的よくあるため、この点はよく注意してください。

・企業の担当税理士に一度相談してみるのはおすすめ
しかし企業の経営者など、気心が知れている税理士がいるならその方に相続関係の依頼もできた方が嬉しいですよね。
その方が対応できないとは決まっていませんので、できればその方にお願いしたいなら相談してみるのもおすすめです。
もしその方が相続分野の対応もできるなら、個人的に相続関係の依頼を受けてもらえる可能性もあります。

また、普段から企業の担当をしてもらっているのが特定の税理士個人ではなく、大手の税理士法人といった場合、その法人の中に相続を専門としている部署や別の税理士がいる場合もあります。
そのようなケースなら普段企業の顧問などを担当してもらっている同じ税理士法人に相続の相談ができます。
このようなケースもありますから、相談だけはしてみるのもおすすめです。

また、やはり普段企業を担当している税理士の方では相続の対応は難しい場合でも、その税理士の方で知り合いの相続専門の税理士を紹介してもらえることもあります。
このようなこともありますから、相談だけはしてみるのもおすすめです。